大阪に通信制高校はあるの?選ぶときに確認すべきことも説明

全日制の高校に通えなくなっても悲観的になる必要はありません

大阪市をはじめとして大阪にはいろいろな場所に通信制高校があります。
そのため、不登校などの事情で全日制の高校に通えなくなっても悲観的になる必要はありません。
中学校で不登校になると内申点の低下につながりやすいので、進学先がずいぶんと限定的になってしまいます。
無理をして進学をしても、高校が肌に合わなくてまた不登校になるかもしれません。
そうなると必然的に大学への道も閉ざされてしまうと感じることが多いでしょう。
しかし大阪の場合は、前述のとおり通信制高校が多くあるので、そこをしっかりと卒業すれば大学に進学する道もひらけます。
したがって、無理をして全日制を選ばずに最初から通信制を選ぶのも一つの方法です。
ただし、よく検討せずに安直に選択するのはおすすめできません。
やはり通信制ならではのメリットとデメリットがあることを知っておくことも重要です。
メリットは全日制のように通わなくてよいことだと誰でも分かるでしょう。
しかし人によっては、それが同時にデメリットにもなっています。
具体的には、学習をしていて不明な点があっても教師にすぐに質問できないことが挙げられます。
ひたすら自習をしてるのと変わりがないような気がして、それで本当に大丈夫なのか不安になる人もいるでしょう。
実はここに大きな勘違いが一つあります。

全日制の高校に通えなくなっても悲観的になる必要はありません | パンフレットを取り寄せることも忘れてはいけません | 通信制高校の説明会に参加してみるのも有効な手段です

通信制高校 : 通信制高校アテンダント