グレイズアナトミーのスピンオフドラマで主人公はグレイズアナトミーのデレクの元奥さん。

元奥さんのアディソンは産婦人科医で仕事ができるけど仕事に恋に悩むことが多いのですが、仕事のできる女性はかっこよく
見ていると仕事にやる気が出ます。

またアディソンはとてもスタイルがよく、きれいでおしゃれなのでアディソンには見習いたいところがたくさんあります。

グレイズアナトミーにも負けないぐらい衝撃的なことが時々起って目が離せなくなります。
またグレイズアナトミーとのクロスストーリーもありそこがまたおもしろく、おなじ出来事をグレイズアナトミー側からとプライベートプラクティス側から見ることができます。

仕事を頑張っていて恋に悩む女性に是非観てもらいたいです。

「TRU CALLING」は、死体安置所で働く女の子の物語です。主人公のトゥルーは、死んだ人間の声が聞こえるという特殊能力を持っていて、無念の死を迎えた人間が、彼女に「助けて」言うと、時間がその日の朝に戻り、その1日をやり直すことができるのです。

逆戻りの記憶を持っているのはトゥルーだけなので、その日死んでしまう当人さえ自分が死ぬことを知りません。その人がなぜ死んでしまったのか、死なずに済むにはどうすればいいかとトゥルーが奮闘する姿を描いたドラマです。もう、その設定だけでかなり興味深いです。
主人公のトゥルーはキュートで行動力のある魅力的な女の子です。その手助けをする監察医のデイビスはとってもシャイで優しい性格。他にも出てくるキャラクターたちが個性が強くて見ていて面白いです。そして何といっても、毎回、死んでしまった理由や事件の真相などミステリー要素が入っていてハラハラどきどきしながら見られます。しかも1話完結なんで、毎回すっきりします。

娘は小学生。柔道をしています。

真面目に練習に取り組んでいます。先生から褒められたこともあります。

しかし本番の試合にはさっぱり勝てません。

いつも初戦で敗れては、涙を流しておりました。

先日行われた練習試合でも、ひとつ、ふたつと負けを重ねておりました。

先生の教えを受けて相手に立ち向かうのですが、どうしても技が決まりません。

涙を浮かべる娘を見るのは正直辛いです。でも私はそんな彼女に言いました。

「泣いていたらそっちに体力をとられて試合にならないよ。勝ちたいなら泣いたら駄目。今日はまだまだ試合があるのだから、しっかり顔をあげて戦っておいで。」

その直後の試合でした。

大きく声を出して相手としっかり組んだと思ったら、何かしら技が掛かったらしく相手が崩れました。

一瞬「えっ!?」という表情を浮かべた娘は、はっと我に返り、相手をおさえこみにかかりました。

必死にもがく相手を、これまた必死におさえる娘。

勝利が確定するまでの20秒が、早く来ないかと祈りました。

ブザーが鳴り、娘の勝利が決まりました。

私のもとに戻った娘の満面の笑み??

それを見た私も満面の笑み??

娘の頑張りがここに報われたことに、安堵とともに湧き上がる幸福感。

お母さんやってて良かったー??

嬉しい!嬉しい!おめでとう我が娘よ??ありがとう??

その日の勝利はその1勝だけでした。

でも、なんかその日はずっとハッピーでした。
キレイモの口コミ

昔から大好きで、今もシリーズが続いているので見続けています。
メレディスとヤンのコンビが好きだったけどヤンは病院を移ってしまったのが残念。デレクも好きです。
あんなに理解があって、仕事のできる旦那さんがうらやましい!と思いながら観ています。
このドラマはたびたび事故などで仲間がなくなります。
そのたび衝撃的です。
観ていると時々亡くなった仲間を思い出してしまって悲しくなるほど、グレイズアナトミーにはまってしまっています。
終わらずずっと続いて欲しい!
スピンオフドラマのプライベートプラクティスともおススメです!

海外ドラマは数本見ましたが、何度見てもドキドキするのはやはりFRINGE です!

恋愛ドラマは見ないので見るドラマの幅は狭いのですが唯一DVDを買って何度も繰り返し見ているドラマです。毎回起こる不思議な現象に解決出来たり、出来なかったりも気になるところですがseasonを繰り返して見ると繋がってきます。
全seasonを見終えた後にもう一度見ると違うものが見えてくるので何度も見てしまうのです。

そして不安定なダナム捜査官を見ているとどうなってしまうのか気になり何時間も見てしまいます。彼女の演技が好きなんだと思います。
これからまた見たいと思います?(*´?`*)??

ドラマ版のハンニバルがすごく好きで、毎週のようにDVDを借りて見ています。映画のハンニバルのおどろおどろしい感じもとても好きなのですが、ドラマ版はまた違った狂気と洗練された美術と表現が目を惹きます。
どこのシーンで切り取っても、ひとつの絵画として見れるくらい綺麗で素晴らしいです。また、ハンニバルの調理シーンはテーマに合わせてBGMも違いますし、時折混じるおぞましい回想シーンと相まって、背筋がゾクゾクします。
ハンニバルと主人公のウィルの歪な共鳴と、それを取り巻く人々の心情の変化が工夫を凝らした技術で表現されています。シーズン3で終わってしまったのが本当に寂しいです。

私はイギリスでシリーズ化されていたティーン向けドラマのスキンズが好きです。

特に第1シリーズが好きなのですが、スキンズは毎回スポットが当てられる主人公が回ごとに変わります。登場人物は皆同じ学校の仲間だったりするので違う回にも出演していますが、今では人気の俳優さんなども結構出ています。

イギリスのティーンの日常生活が主に描かれているのですが、当時高校生だった私には日本の高校生活とはかけ離れ過ぎていてびっくりしつつ、絶対に自分には起こらない日常として少し憧れたりもしながら観ていました。

各登場人物には何かしらの問題があり、それがまたティーンにありがちと言うか、同世代から見ると凄く共感できたりして、内容は結構過激だったりしますがもっと沢山の方に観てもらいたいと思います。

卓球の愛ちゃんが結婚のニュースは、愛ちゃんが小さな頃からテレビを通して応援してきた自分に非常に嬉しいニュースでした。来年にはディズニーランドで挙式をするそうで、今が一番幸せ!という感情がひしひしと伝わってきます。

愛ちゃんのSNSでの写真公開やウェディングドレスの写真公開に対してネットでは賛否両論の意見が出ているそうですが、愛ちゃんはこれまで卓球一筋で世界で戦ってきたので、グローバルな感覚が身に付いている上での表現なのかもしれません。スポーツ選手として功績を残してきたのに、有名人なので注目されて批判されることも今後多いかと思いますが、愛ちゃんの明るさと笑顔と強さを忘れず自由にのびのびと生きてほしいと願っています。

安田美沙子の夫が不倫のニュース、今年最後の衝撃的な内容でした。今年はベッキーの不倫のニュースが話題になりましたが、不倫で始まり不倫で終わったような1年だと思います。自分自身でも「不倫」というテーマを考える機会が多かったし、女子会や会社の飲み会でも話題に挙がることが多かったように感じます。

以前は不倫に関してさほど悪いイメージはなかったのですが、不倫された方の気持ちを考えると、やはり許されない行為だと思います。自分は独身ですが、もし大好きで結婚した夫が浮気、しかも自分が妊娠中に不倫したと分かったら、どんな行動を取るか想像もできません。きっと怒り狂って自暴自棄になってしまうでしょう。世の男性も不倫の罪悪感を強めるきっかけとなったのではないでしょうか。

今年はじめに衝撃が走ったベッキーとゲスの極み乙女ボーカルの川谷絵音の不倫騒動。その後、インパクトのある一風変わった、またその行動におそらく図らずも一致してしまったアーティスト名により、ままある有名人の不倫が発覚した際には「ゲス不倫」と言われ、私たちは度々思い出すことになり、かわいそうな気さえしてしまいました。

もちろん不倫は許されることではないけれど、メールやLINEなどは他人に見られることを想定していないので、それを他人がこっそり手に入れ、公開することがこの法治国家の日本にあって許されるなんておかしいと感じてなりません。